So-net無料ブログ作成

日記野郎

nikkiyarou.JPG

サンフレ絵日記とか、サイエンスの国のありす4コマとか、新谷明弘のblogです。




前の4件 | -

サンフレッチェ広島 6−2 ヴィッセル神戸 [サンフレッチェ]

20191005.jpg

ここんとこ調子の良い神戸。
そして大観衆のビッグアーチ。

その結果は、2失点してるんだけど、6得点。

試合開始すぐにサンフレッチェの決定機。
左サイドから森島がペナに侵入してゴールライン際からのクロス。駿、それは決めんと。

いきなりのチャンスをミス。
しかし、続けて同じ形でチャンスを作る。

1得点目。
今度はラストシューターは稲垣だ。決める。

1失点目は、ビジャから古橋に長いパスが通ってしまい失点。イニエスタから古橋は警戒してたけど、この組み合わせにやられたか。

2得点目は右サイドから。
これも、稲垣のゴール。この形が神戸攻略策のようだ。

3得点目は、ドウグラス・ヴィエイラが抜け出したとこを大崎が倒す。レッドカード。
そのFKを森島が決める。

2失点目はイニエスタから田中順也に入ってあっさり失点。ちょっとスペースを与えてしまったところあっさり失点。相手10人相手に守ってカウンターで良い試合展開だったのに、あっさりと隙を突かれてしまった。

しかし4得点目。
ドウグラス・ヴィエイラの蹴り上げたボールを、ハイネルがDFと競り、森島につなぐ。
そして駿が決める。ヴィッセルのDF完全に油断してたな。

5得点目。えーと、いろいろシュートが防がれたけど最後ドウグラス・ヴィエイラの前にこぼれてきてゲット。

6得点目。飯倉の後ろから足を伸ばしてドウグラス・ヴィエイラがボールを奪い、森島が落ち着いて無人のゴールにシュート。まあ、集中切れてる相手に容赦せずゴール。

てなわけで大得点祭り。
ではあるが、GK大迫のナイスセーブも光った。
光ったけど2失点……実は結構怖い試合だったんだなと。

やっぱ森島がいい位置で活躍すると点入るな。
これでシュートも決まるようになったら、もう手がつけられないレベル。

そんなわけで、大勝利でした。




スポンサードリンク

タグ:SanFrecce
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

サンフレッチェ広島 1−1 名古屋グランパス [サンフレッチェ]

20190928grampus.jpg

風間監督解任からの、フィッカデンティ監督就任のグランパス。
振り幅が……でかい。

かくして試合はサンフレッチェがボールをキープする展開になる。
61.2%だ。
悪くない。ただ、最後のとこで精度が落ちる。グランパスの守備に精度が落とされる。
シュート13本。枠内シュート3本。

>Football LAB https://www.football-lab.jp/hiro/report/?year=2019&month=09&date=28
そして1得点。CKからの得点だった。

一方、1失点。
ジョーのポストプレイからの失点。
ちょっとあっさりと失点してしまった。もったいない。

ちょっとここんところの課題が出てしまった。
ボールキープできるし、相手が疲れてこっちのターン状態に持ち込める。
だが、ゴールが奪えない。守られてしまう。

やっぱここがね。
最後のとこで相手の守備にミスが起きるような状況。それが必要か。





伝わる技術 力を引き出すコミュニケーション (講談社現代新書)

伝わる技術 力を引き出すコミュニケーション (講談社現代新書)

  • 作者: 風間 八宏
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/02/15
  • メディア: 新書



タグ:SanFrecce
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

コミティア129おつかれさまでした。 [漫画]

今回のコミティアは、そういえば携帯の電波が良かった印象。
あと、不思議と新しい人が買っていってくれてた印象も。

サイエンスの国のありす(2009-2011) 3冊
サイエンスの国のありす(2012・13) 3冊
サイエンスの国のありす(2014・15) 5冊
サイエンスの国のありす(2016・17) 11冊
9月の海の触手の姫 6冊
ダンジョン経済におけるまほうつかいの 2冊
期末試験前也 上 1冊
期末試験前也 中 1冊
期末試験前也 下 1冊

計33冊でした。まいどあり。
タグ:COMITIA
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

天皇杯 サンフレッチェ広島 1−1(9PK10) 大分トリニータ [サンフレッチェ]

20190918oita.jpg

リーグ戦では、たくさんシュートを打てたけどゴール奪えず引き分けだった。
今回は、頼みのレアンドロペレイラは居ない。

ボールをキープできて時間を作れる1トップらしい1トップが居ない中でどう戦うか。
ここのところ失点が多いのをどう修正するか。

そのへんがテーマとなる。

まずは無失点でいきたいところだったが、34分に失点。
時間はあるがピンチである。

時間が経つにつれ追い詰めらていく。
FWハイネル作戦を起動する。
1トップというか、自由に動いていくハイネル。0トップ?

80分にそのハイネルが決めて同点。
90分では決着つかず延長戦に。

全体的な試合の試合は出来ているサンフレッチェ。
だが、それでも、ゴールは奪えない。
いつでもゴールが奪えそうで……シュートを打つ隙を作らせてくれないトリニータ。

そして延長30分が終わり、勝負はPK戦に。
お互いGKの届かない場所に簡単に決めていく。
なんだかそういうコースとスピードのデータがわかってしまってるのだろうか。

最後、柴崎のシュートがGK正面をついてしまう。逆をとろうとしたか?

ああ。これで天皇杯は終わってしまった。



YBC Levain ルヴァン クラッカー 保存缶 S

YBC Levain ルヴァン クラッカー 保存缶 S

  • 出版社/メーカー: ヤマザキビスケット
  • メディア: その他



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の4件 | -